平成25年度第1回の各グループ会議を開催しました

5月8日(水)午前に平成25年度第1回化学分離グループ会議を多元物質科学研究所にて開催し、平成25年度の研究計画の討議を行いました。
引き続き同日午後に多元物質科学研究所大会議室にて、イオン液体に関する講演会「レアメタル精製へのイオン液体の利用に関する研究の動向」を開催し、九州大学・後藤先生よりイオン液体の利用に関する貴重な経験や現在の研究動向をご講演いただくとともに、蟹江先生よりイオン液体による抽出研究の現状、住友ベークライト・桒原様より選択的吸着材の開発状況、およびGRABDA先生より計算による抽出特性の見積方法の研究について講演いただきました。(写真参照)

九州大学・後藤先生の講演

写真:講演会「レアメタル精製へのイオン液体の利用に関する研究の動向」での九州大学・後藤先生の講演

5月10日(金)午前、多元物質科学研究所にて第1回物理選別グループ会議を開催し、電気パルス粉砕およびその粉砕メカニズムの研究計画、およびLIBSソーターの研究計画について議論しました。

5月14日(火)午前、多元物質科学研究所にて第1回応用技術開発グループ会議を開催し、各研究担当分野の研究計画を議論しました。