「新しいE-Scrapリサイクルシステムセミナー」を開催しました。

 2016年2月3日午後に、仙台市をはじめとする宮城県内の市町村の環境関係の方を対象として、ホテル仙台ガーデンパレス会議室にて、廃小型家電等の新しい収集システムに関するセミナーを開催しました。このセミナーでは、宮城県大崎市でリサイクル事業を展開している(株)国本の引地豊常務より事業内容のご紹介と今後の展望について、また、宅配便を利用した廃小型家電や廃パソコン等の新しい収集システムを全国的に展開しているリネットジャパングループ(株)の黒田武志社長より全国展開の状況や市町村との連携について講演いただきました。次いで、中村拠点長より小型家電の収集状況の課題や希少拠点で進めている技術開発の現状について講演いただきました。

 今回は収集システムを紹介するセミナーを初めて開催しましたが、参加いただいた市町村の皆様からは実際の現場の課題等に関する活発な質疑をいただき、感謝申し上げます。

新しいE-Scrapリサイクルシステムセミナー